思春期の心の特徴を理解しよう

思春期の子供は認められたい願望の塊

思春期の子供の気持ちを
想像したことはありますか?
親である誰しもが子供時代を過ごしています。

 

 

しかし、自分が思春期で反抗期であった頃の
心理状態をはっきり覚えている人は
あまりいないようです。

 

 

ましてや、我が子の反抗期を目の前にすると、
「自分はこんなではなかった」と、
記憶を美化してしまいがちです。

 

 

ここでは、思春期の子供の心理状態を
ご説明します。

 

思春期の心の特徴とは

思春期の子供はその根底に

ある願望があります。
男の子はかっこよく見られたい願望。
女の子は意地悪をしたくなる願望です。

 

 

この願望には、さらに共通した欲求があります。
それは、他人から認められたいという欲求です。

 

 

男の子はわかりやすく、
女の子に特にかっこよく見られたい、
認められたいと思っています。

 

 

女の子は友人に認められたいがために
自分を誇示し、誰か弱い人間を作りたがります。

 

 

これら共通することは、
認めてほしいという願望なのです。

 

 

では、そんな反抗期を
落ち着かせるにはどうしたらよいか。
まずは親が子供を認めてあげるのです。

 

思春期の子供が抱える悩みとは

中学生になると、

悩みはとても複雑になってきます。

 

 

小学生までは割とシンプルであった悩みも、
より現実的で深いものとなるのです。

 

 

何か悩み事がある時には、
必ず誰かに相談することが良いと、
子供に教えてあげましょう。

 

 

もちろん、親に相談してくれたら嬉しいですよね。
しかし、恋愛の話など、親には
相談しにくい内容もたくさんあります。

 

 

そのため、親でなくてもいいから、
友人や学校の先生、保健室の先生など、
誰かしらに心を開いて相談するよう
勧めてください。

 

 

親が子どもの力になりたいと願っています。
そのため、悩みを無理やり
聞き出そうとする人もいます。
しかし、これでは子供の心が離れるだけです。

 

 

ウザイと思われたくなかったら、
無理やり聞き出すことは避けましょう。

 

 

また、悩みを聞き出さなくても、
今悩んでいることは、
「自分だけが悩んでいることではない。」
「人生の経験としてこの状況を楽しもう」

 

 

といった発想の転換をすすめること
良いでしょう。

 

 

これは中々難しい方法かもしれませんが、
子供の性格によってはこれがすんなり
うまくいく場合もあります。

 

 

試しに言ってみてください。

 

 

次のページでは、
思春期の子育て相談でよく聞くことについて
お話します。

 

>>思春期子育て相談に進む

 

>>思春期と反抗期の行動の特徴に戻る

私の息子の運命を変えた勉強法

元々うちの息子はほとんど勉強をせず、
毎日親に反抗ばかりしてゲーム依存でした。
しかしある勉強方法に出会った結果、
次のテストでいきなり5教科の合計点が56点UPしました。


その秘密はこちらです。


>>私の息子の運命を変えた中学生の勉強法

関連ページ

反抗期の対処法
【反抗期の対処法】中学生になると思春期に入ると同時に反抗期にも入ります。親はどう対応したらよいか悩みますよね。実は、子供の性別で反抗期の態度や対処が異なるのです。子供を上から押し付けるのではなく、正しいサポートをしてあげましょう
イライラやうつの原因
【思春期からうつへ】イライラしていることの多い思春期。この時期の子供は学校や部活動、塾など忙しい毎日を送っています。これらに疲れて気持ちが落ち着かなくなり、うつになってしまう子がいるのです。我が子に異変を感じたら、子供を積極的に休ませてあげましょう、
思春期の子供の子育て相談について
【子育て相談】思春期の子供をもつ親からの相談には、反抗期の我が子に疲れ果てたというものが多いそうです。自分の育て方が悪かったのか、どうしたらいいのか、そうやって悩む母親はたくさんいます。答えは簡単です。ある程度は見守りましょう。育て方は間違っていないのです。