中学の成績を上げるには効率の良い勉強法が必須

成績が中々上がらないと悩んでいる人へ

効率の良い勉強方法の仕方をまとめてみました!

子どもの成績を上げるポイント

中学生にもなると、小学生の時と違い
部活や委員会活動が忙しくなります。

 

 

そして何より、今まで子ども自身そこまで
重要視していなかった「勉強」に、
真剣に取り組む必要が出てきます。

 

 

何故なら、中学では定期テストが
待ち構えているからです。

 

 

ただでさえ忙しくなった生活の中で、
帰宅した後も勉強に追われる子ども
自分自身も若い頃に経験したとはいえ、
子どもって本当に大変ですよね。

 

 

しかし、子どものやるべきことは、
勉強だけではありません。
友達とめいいっぱい遊ぶことも、
勉強に勝る位とても大切なことなのです。

 

 

部活に勉強に委員会活動に遊び。
これらを全て満足のいく程にこなすには、
時間が幾らあっても足りません。

 

 

それならば、効率を良くしようじゃありませんか。
自宅での勉強以外は、自分ではどうしようも出来ない
部分があります。

 

 

そのため、自宅での勉強方法を効率の良いものとし、
余分に出来た時間をめいいっぱい
遊ぶ時間にしてあげましょう。

 

 

そして効率よく勉強する方法は、子ども一人で
気がつけない可能性があります。
親が子供にそれとなくアドバイスを
してあげましょう。

 

国語における効率の良い勉強法

国語の成績が中々伸びないと悩んでいる人は、
大抵が「漢字」「文法」「読み取り」
「熟語」などを分類して勉強をしています。

 

 

勿論、これのカテゴリー分けの勉強方法で成績が
伸びる子もいるでしょう。
しかし、これは効率の悪い勉強方法です。

 

 

これで成績が伸びる子は、時間をたくさん
かけていたり、記憶力が抜群に良い子かです。

 

 

もっと要領よく成績を上げるためには、
効率の良い勉強方法を行いましょう。

 

 

もう少し詳しい勉強法はこちら

 

社会はこの方法で学習を進めよう!

社会といえば暗記するのみの教科です。
社会に関して言えば、完全に覚えた者勝ちです。

 

 

定期テストであれば、出題範囲が決まっているために
その中見を全て丸暗記してしまえば
良いということになりますよね。

 

 

記憶力の良い子や、暗記が得意な子にとっては、
社会は得意科目となるでしょう。

 

 

しかし、暗記が苦手な子も大丈夫、
安心してください。
効率の良い勉強法をすることで、
暗記量がグンと増します。

 

 

もう少し詳しい勉強法はこちら

 

数学は公式をしっかりと暗記しよう

数学は、基本的には暗記の科目になります。
まずは基本的な解き方を暗記します。
公式やルールがそれに当たります。

 

 

そして、どんな内容で出題されても閃けるように、
応用力をつける必要があります。
その為には、多くの問題を解く必要があるのです。

 

 

しかし、試験は数学だけではありませんので、
数学ばかりひたすらやっているわけにはいきません。

 

 

短時間で数学の理解度を深めるためには、
それなりの効率の良い勉強法
取る必要があるのです。

 

理科は暗記が大切な教科です!

理科も社会と同じく、暗記した者勝ちの科目です。

理科の問題の多くは丸暗記であり、
そこに数学的要素を加えた解き方が
必要な問題もあります。

 

 

生物や化学など、範囲も広いために効率よく
勉強をして解き方やパターンを暗記していかないと、
いくら時間があっても足りないでしょう。

 

 

ではどうしたら短時間で成績をアップさせることが可能なのか?

 

 

大事なことは少しでも効率良く、
単語を語句を覚えていくということです。
そのためにやるべきこととは、、、

 

英語で最も大事なのは音読です!

英語に対して苦手意識を持っている子も

多いのではないでしょうか。
英語は好き嫌いがハッキリ分かれる教科です。
そのため、好きな子はどんどん成績が伸びます。

 

 

しかし、苦手な子は一度つまずくと、
中々這い上がってくることが出来ません。
しかし、英語が苦手な子でも、ポイントを押さえて
勉強することで、グンと成績が伸びるのです。

 

 

まずやるべきことは、音読です。
日本語に訳すポイントを押さえながら、
効率よく勉強をしましょう。

 

 

次にワークなどの暗記や、
長文読解の対策をしていくと、
誰でも80点以上の点を取れるようになります。

 

体育、技術家庭科など副教科の勉強法

メインの5教科のみを集中して勉強してしまい、

美術や音楽、体育などの副教科を疎かに
してしまう子もよく見られます。

 

 

しかし、それは大変勿体ない。
副教科は「先生がテスト問題を作る時の考え方」
知ってしまえば、簡単に高得点が狙えるのです。

 

 

ただこれも他の教科と同じで、
間違った勉強方法をしていても、
結局成績は伸びていかないので、
注意が必要です。

 

 

道山先生から教えてもらった、
副教科の勉強法を紹介します!

 

成績が中々伸びない子への対策

 

実は、私には中学1年生の息子がいます。
息子は勉強が本当に苦手です。
しかし、苦手でも何時間もかけて勉強をしています。
にも関わらず、全く努力が実を結んでいないのです。

 

 

そんなとき、道山先生のメール講座と出会いました。
成績が全く伸びなかった息子も、
道山先生のお陰でやる気スイッチが入り、
成績が伸びるようになりました。

 

 

成績が中々伸びないなと感じたり、、
暗記が苦手であったり、
計画的に勉強が出来ないという場合は、
是非、道山先生のメール講座を受けてみてください。

 

 

>>道山先生のメール講座について

 

 

きっと今よりも
お子さんの勉強に対するやる気がアップするので、
成績もグングン上がるはずです!

 

 

次のページでは、
意外とみんなわかっていない
国語の勉強方法をご紹介します。

 

>>中学における国語の勉強の仕方に進む

私の息子の運命を変えた勉強法

元々うちの息子はほとんど勉強をせず、
毎日親に反抗ばかりしてゲーム依存でした。
しかしある勉強方法に出会った結果、
次のテストでいきなり5教科の合計点が56点UPしました。


その秘密はこちらです。


>>私の息子の運命を変えた中学生の勉強法

【効率の良い勉強の仕方】中学生のテスト対策まとめました!記事一覧

英語は母国語でないため、勉強が苦手な理由はよくわかります。しかし、なぜ国語が苦手になるのでしょう。日本人なのに日本語の問題をどうして苦手と感じるのでしょう。苦手と感じている子どもは、「どうしてだろう」と頭を悩ませていることでしょう。私の息子もそうでした。国語を苦手と感じている子どもは、大半は幼少期から読書の習慣がない場合が多いです。しかし、習慣のない子どもが今更読書を趣味にしたからといって、即効的...

" />社会と言えば、暗記の科目です。地理に歴史に公民と、全てが暗記のみの科目です。覚えることがたくさんで、不安になりますよね。暗記するには、何度も繰り返し問題を解くことが一番です。やればやるだけ、結果に反映されることでしょう。それぞれの分野ごとに暗記のコツがあります。そのコツをつかみ、効率よく勉強をしていきましょう。目次1.社会で点数を取りたいなら予習として問題集を解こう2.歴史で点数アップを狙...

中学の科目の中で、最もセンスが必要な科目が数学です。授業の内容を丸暗記、教科書の内容を丸暗記したからといって、テストで高得点が出せるわけではありません。そのため、無理せずにきちんとステップを踏むことが大切になります。目次1.教科書はルール本2.高得点を狙うのならばすぐに復習をしよう3.80点以上を狙う場合教科書はルール本数学の教科書は、基本的なルールが載っています。ルールを知らなければ、何も出来ま...

理科に苦手意識を持っている子どもは多いようです。現に、私の息子も理科が苦手でした。どう勉強したらいいのかわからない。俺は理系じゃない。実験がよくわからない。そんな理由から、理科が嫌いになっていたようです。しかし、理科は問題集をひたすら解くことで、高得点が狙える科目なのです。苦手と感じて避けていては、勿体ない!目次1.生物や地学は反復学習が大事2.物理や化学は必ずルールを覚える3.80点以上を狙いた...

2020年、東京オリンピックが開催されます。それを受けて、日本としても個人としても、英語教育に力が入っているようです。現在は小学生から英語が授業に取り入れられており、未就学児の英語スクールも大人気のようです。そうなると、英語を苦手と意識してしまった子どもは完全においていかれる可能性があります。英語に苦手意識をもたず、実は簡単で面白いものなのだという勉強の仕方をお伝えします。目次1.英単語の効率的な...

美術や保健体育、音楽や技術といった副教科の定期テスト対策を疎かにする子どもが多いようです。実は私の息子もそうでした。なぜ疎かにするかというと、高校受験に関係がないと思っているからです。しかしそれは勘違いです。内申点というのは、主要5科目のみで決まるものではありません。副教科の評価が低いと、内申点全体の足を引っ張りかねないのです。>>内申点を上げるにはこちら副教科で高得点を取ることは難しいことではあ...