国語は勉強の仕方さえ知ってしまえば高得点が狙える

中1の国語は勉強法を知ることで得意科目になる


国語は日本語です。
小学校までの国語は、正直
そこまで難しいものではなかったと思います。

 

 

そのため中学の国語が始まって動揺してしまう
子どもが多くいるようです。
日本語のはずなのに、何をどうやって
勉強したら良いかわからなくなってしまうからです。

 

 

私の息子も、勉強の仕方がわからないことから、
いつも後回しにして手がつきませんでした。

 

 

しかし、勉強の仕方さえわかってしまえば、
定期テストでかなりの高得点を狙えるのです。

 

漢字の攻略法

小学生までは、覚える漢字はひたすらノートに

書いて覚えていませんでしたか?

 

 

中学では、ひたすら書いて覚えるやり方では
守備範囲が狭くて高得点を狙えません。
どうせ覚えるのであれば、
守備範囲を広くしましょう。

 

 

守備範囲を広くするためのポイントは以下の通りです。
・部首も一緒に覚えよう
・四字熟語も一緒に関連付けて覚えよう
・対義語と類義語もセットで覚えよう

 

 

これらのポイントを意識しながら覚えることで、
より頭の中に漢字が残るようになります。
そのため、効果的に覚えることが出来るのです。

 

 

また、覚える際は単語カード
使うことをオススメします。
読みと書きの両方が出来るようになりましょう。

 

文法の攻略法

文法は、小学校の時よりも

難易度が一気に上がります。
中1の頃に出題されやすいポイントを
おさえて勉強をしましょう

 

 

・ことわざや慣用句は中1から積極的に覚える
・主語、述語、修飾語といった文の構造を意識しよう
・謙譲語、尊敬語、丁寧語は日常会話から意識しよう

 

 

ことわざや慣用句、対義語・類義語は
単語カードを用いると覚えやすいです。

 

 

また、主語述語などの文の構造は、
ひたすら問題を解いて頭に叩き込みましょう。

 

古典の攻略法

中1で習う古典は、

まだ初歩的なものです。
そのため、まずは慣れましょう。

 

 

中1で覚えるべきことは、読み方です。
日本語とは思えない構造と読み方をしているので、
まずはそれに慣れて読めるようにしましょう。

 

 

その際、音読をして覚えると頭に入りやすいので、
是非やってみてください。

 

 

次のページでは
中1で量が膨大に増える社会の勉強方法を
お伝えします。

 

 

>>中1社会における勉強の仕方に進む

 

>>中1の中間テスト・期末テストの勉強方法に戻る

私の息子の運命を変えた勉強法

元々うちの息子はほとんど勉強をせず、
毎日親に反抗ばかりしてゲーム依存でした。
しかしある勉強方法に出会った結果、
次のテストでいきなり5教科の合計点が56点UPしました。


その秘密はこちらです。


>>私の息子の運命を変えた中学生の勉強法

関連ページ

中1社会の勉強方法
【社会の勉強の仕方はこれだ!】中1で社会の授業を受けると、覚えるべき内容があまりにも多いことに驚く子どもが多くいます。その膨大な量で、憂鬱になってしまう子もいます。しかし社会で好成績を取るポイントは、世界の国や歴史に興味を持つことなのです。
中1数学の勉強方法
【中1の数学はこれで完璧】勉強の仕方さえ知っていれば、中学の数学は難しいものではありません。方程式や文字式のルールなどの基礎を曖昧にすることなく、きちんと理解しましょう。理解した上で繰り返し問題を解くことで、数学の成績は上がります。
中1理科の勉強方法
【理科嫌い必見!】中1の理科の勉強の仕方は、分野ごとに工夫して覚えていくことが最も大切です。丸暗記だけでは対応出来ない分野も、一度じっくり考え理解することで、その後はスムーズに問題を解くことが出来るのです。
中1英語の勉強方法
【英語の勉強の仕方がわからない方へ】中1で習う英語は、高校受験や英会話にも使える文法や単語を多く習います。その為、中1の時期から英語を得意とすることがとても大切なのです。