子供との信頼関係を強く結ぶことが、子育ての軸である

子育ての失敗を恐れ、子供に何も言えない親になってはいけない

幼稚園生頃まではべったりであった我が子。
大きくなるにつれて、子供との意思疎通が
難しいと感じることもあるでしょう。

 

 

ここでは、多くの親が陥りがちな子育ての
悩みについてご紹介します。

 

 

子育てにおいて一番やってはいけないことは、
子育ての失敗を恐れて子どもに何も
言えなくなってしまうことです。

 

 

子供がまだ近くにいるうちに、
子供ときちんと向き合いましょう。

 

子供が荒れないようにすべきこと

荒れている子どもに
共通していえることがあります。
それは、親が子供に対して
何も言わないことです。

 

 

恐らく、親も子供に
言いたいことはあるのだと思います。
しかし、子供がこれ以上離れてしまうことを恐れ、
何も言えなくなっているのです。

 

 

これでは、現状を悪化させるばかりで
何の解決にもなりません。

 

 

ある一つの例をご紹介します。

 

 

子供が学校で悪さをしたとします。
そのことを、親が家で厳しく叱りつけました。
すると、それ以来子供が学校生活のことを
話さなくなったのです。

 

 

このパターンで親がいけなかったことは、
子供の話に親が耳を傾けなかったことです。
子供には子供なりの行動を起こした理由が
存在します。

 

 

まずはその理由を聞く必要があったのです。
頭ごなしに怒ってしまえば、
子は親へ不信感を抱いてしまいます。

 

 

その不信感が、子供が荒れてしまう原因として
最も大きいのです。

 

子供の信頼を取り戻す方法とは

子供の信頼を取り戻す方法はあります。
安心してください。

 

 

その方法とは、親がすぐに
感情的にならず、子供の声に
耳を傾けることです。

 

 

子供が何か問題を起こした時、まずは
「どうして、こういうことになったの?」と、
冷静に理由を聞きましょう。

 

 

もしも学校でケンカを起こした場合、
我が子だけでなく相手も悪かった場合が
ほとんどです。

 

 

しかし、その理由も聞かずに叱られたら、
子供はがっかりします。

 

 

親が感情的に発してしまった言葉に、
子供は敏感に反応して傷ついてしまうのです。

 

 

親は感情的にならずに
冷静であるよう努めましょう。

 

 

次のページでは、嘘をつく子どもの
心はどういう状況なのかをご紹介します。

 

>>嘘をつく子供の心理とはに進む

 

>>中学生の子育ての悩みに戻る

私の息子の運命を変えた勉強法

元々うちの息子はほとんど勉強をせず、
毎日親に反抗ばかりしてゲーム依存でした。
しかしある勉強方法に出会った結果、
次のテストでいきなり5教科の合計点が56点UPしました。


その秘密はこちらです。


>>私の息子の運命を変えた中学生の勉強法

関連ページ

子育てのイライラが限界と思ったときは?
【イライラ限界?!】子育ては本当に大変なものです。子どものはわがままですからね。しかし、親のイライラは子どもに悪影響を及ぼします。そのため、イライラが限界となる前に、親はうまくイライラ解消をしていきましょう。
子育てを楽しむ方法
【子育てが辛い…】子育てを楽しむ方法を知りたくありませんか?多くのお母さんが、育児を大変だと感じています。それは、子育てにストレスを感じているからです。親のストレスは子どもの健全な成長に害を及ぼします。子どものために、育児を楽しみましょう。
可愛い女の子の育て方
【女の子の育て方】女の子に望むことは、とにかく優しいことではないでしょうか。優しい子は周囲から愛されます。ではどうすれば優しく育つのか。それは、「他社を認め」「自分も認められ」「豊かな感性を持つこと」で優しさが育つのです。
正しい男の子の育て方
【男の子の育て方とは】男の子と女の子は、基本的に育て方が違うものと思ってください。なぜなら、性別によって根本的な性格や将来求められる素質が微妙に変わってくるからです。仕事をやり遂げる必要のある男の子は、強くたくましく育てましょう。