金銭トラブルの反抗期は問題がある

お金にまつわる反抗期は、親の愛情不足が原因している

多くの子どもは、思春期になると
反抗期をむかえます。
その反抗期が金銭トラブルに
発展する
こともあるのです。

 

 

子供の反抗期が金銭トラブルを引き起こす場合、
それは親の愛情不足が問題となっていることが
ほとんどなのです。

 

 

こう言うと親は
「いや、子供のことを愛しています!」
と言いたくなるでしょう。

 

 

しかし、親が愛しているからといって、
その愛情が子どもにうまく
伝わっているとは限りません。

 

 

子供にきちんと愛情を伝え、
金銭トラブルを解決しましょう。

 

諦めている子どもへの対応

金銭トラブルには、親の財布からお金を

盗んだり、万引きをしたりと色々あります。

 

 

こういうことをする子供の心理は、
以下の通りです。

 

 

  • 親に迷惑かけてもいい
  • 何もかもどうでもいい

 

 

開き直ったり諦めていたりと、
現状から逃げているのです。

 

 

親に迷惑をかけてやろうという思いよりも
どちらかというと消極的な逃げなのです。

 

 

親は子供を真っ当な道へ
戻してあげたいと願いますよね。
その気持ちだけは、どうかなくさないでください。

 

 

「万引きするような子はうちの子じゃない」と、
突き放す真似だけはしないでください。

 

子供に変わってもらいたければまず親から

子供に真っ当な道に

進んでもらいたいのであれば、
まずは親から変わりましょう。

 

 

それは、子供の反抗は、
親の愛情不足が
原因している
からです。

 

 

子供が愛情を感じない親のタイプには
2パターンあります。

 

 

  1. 子供を支配するタイプ
  2. 放置し過ぎるタイプ

 

 

自分の親子関係を冷静に振り返りましょう。

 

 

子供に命令や指示ばかり出していませんか?
子供のことに興味をしめしていますか?

 

 

もし自分に当てはまると感じるのであれば、
意識して改めるようにしましょう。
そうするだけで、子供には多かれ少なかれ
思いが伝わります。

 

 

子供に愛情を口で伝えることが
苦手な親もいることでしょう。
そういう場合は、行動で伝えればいいのです。

 

 

ご飯を手抜きしないで作る、
好きなおかずを出してあげる、
部屋を快適な空間にする、
制服をキレイにしてあげる・・・等々。

 

 

子供に分かりやすいように、愛情を伝えましょう。

 

 

次のページでは、
反抗期がなかったら心配なの?という
疑問にお答えします。

 

>>うちの息子は反抗期がないに進む

 

>>思春期と反抗期の行動の特徴に戻る

私の息子の運命を変えた勉強法

元々うちの息子はほとんど勉強をせず、
毎日親に反抗ばかりしてゲーム依存でした。
しかしある勉強方法に出会った結果、
次のテストでいきなり5教科の合計点が56点UPしました。


その秘密はこちらです。


>>私の息子の運命を変えた中学生の勉強法

関連ページ

反抗期の対処法
【反抗期の対処法】中学生になると思春期に入ると同時に反抗期にも入ります。親はどう対応したらよいか悩みますよね。実は、子供の性別で反抗期の態度や対処が異なるのです。子供を上から押し付けるのではなく、正しいサポートをしてあげましょう
イライラやうつの原因
【思春期からうつへ】イライラしていることの多い思春期。この時期の子供は学校や部活動、塾など忙しい毎日を送っています。これらに疲れて気持ちが落ち着かなくなり、うつになってしまう子がいるのです。我が子に異変を感じたら、子供を積極的に休ませてあげましょう、
思春期の子供の心理
【心理的な特徴】思春期の子供には、男女共通したある心理的な特徴があります。それは、他人に認められたい願望です。この願望は大人でもあって当たり前の願望です。まずは、親が子供を認めてあげましょう。
思春期の子供の子育て相談について
【子育て相談】思春期の子供をもつ親からの相談には、反抗期の我が子に疲れ果てたというものが多いそうです。自分の育て方が悪かったのか、どうしたらいいのか、そうやって悩む母親はたくさんいます。答えは簡単です。ある程度は見守りましょう。育て方は間違っていないのです。
思春期の食事の注意点
【食事の注意点】思春期の子供は家庭で育っているにもかかわらず、栄養不足の子が多いようです。それは、友達付き合いからの外食が増えることが原因しています。朝食夕食は栄養の詰まった家庭料理を、子供に食べさせてあげてください。
思春期の男子と女子の心理の違い
【思春期とは?】男子と女子で思春期の心理状態や行動に違いがあることをご存じでしょうか?性別や学年によって、思春期には特徴があるのです。親はどの頃でも、動じないように努めましょう。