通信教育で成績をあげるための勉強方法

自宅学習に通信教育を効率よく取り入れる方法

中学生が成績を上げるための手段として
塾や家庭教師という選択肢がありますよね。
そしてもう一つの手段、通信教育です。

 

 

最近ではインターネット上にて、
カリスマ塾講師が授業を繰り広げるという
方法も人気のようです。

 

 

では、塾と違って講師と対面しない
通信教育で、本当に成績は上がるのか?
数多くある中で、どこがオススメなのか?
それをご紹介します。

 

最近の通信教育スタイル

最近の通信教育は昔よりも進化を遂げ、

スタイルが増えてきました。
まずはそのスタイルからご紹介します。

 

 

1、教材送付
通信教育の定番スタイルで、月に1回、
自宅に教材が届きます。

 

 

この教材についているテストを回答し
郵送することで、採点結果がと解説が
送られてきます。

 

 

2、カリスマ講師の動画授業
カリスマ講師の授業の様子が動画で撮影されており、
これを生徒は見ながら学習します。

 

 

カリスマ講師はカリスマと呼ばれる理由が
必ずあります。
その授業を低価格で受講することが
できるというメリットは大きいでしょう。

 

 

3、インターネットを通じた家庭教師
これは2014年頃から流行り始めた、
まだ新しい通信教育です。

 

 

インターネットを活用して自宅に来てもらう
のではなく、パソコンに向かって勉強をする
のです。

 

 

以前から英会話学習によく使われていた手法で、
最近は全ての科目対応の家庭教師として
進化しました。

 

通信教育で成績を上がる方法

通信教育だけで成績を上がることは、

とても難しいのです。
これだけで成績が上がる中学生は、
10%程です。

 

 

では、どうすればよいか。
成績を上げるために通信教育を
うまく活用する方法、それをお伝えします。

 

 

それは、休憩中や移動中に通信教育を
取り入れるのです。

 

 

利用するスタイルは、
カリスマ講師の動画閲覧です。
費用相場は月々1000円程で見ることができます。

 

 

ただ、授業内容は少し難易度が高いかもしれません。
そのため、学校や自宅などでしっかりと
学んだ後に、復習や追加知識のために活用すると
良いでしょう。

 

 

次のページでは、
成績が思うように上がらないと悩んでいる
中学生の方へ、その原因と解決策を
お伝えします。

 

 

>>成績の上がらない中学生へに進む

 

>>内申点・通知表対策に戻る

私の息子の運命を変えた勉強法

元々うちの息子はほとんど勉強をせず、
毎日親に反抗ばかりしてゲーム依存でした。
しかしある勉強方法に出会った結果、
次のテストでいきなり5教科の合計点が56点UPしました。


その秘密はこちらです。


>>私の息子の運命を変えた中学生の勉強法

関連ページ

授業ノートの使い方
【ノートの使い方とは?】中学生の成績は、ノートの使い方で上げることが出来るのです。丁寧に書くことを意識し、図やグラフも挿入する。こういったことを意識しながらノートをとるだけで、内申点が上がるのです。ノートを書くことを苦手とする人は、是非参考にしてみてください。
授業ノートの選び方
【おすすめノートの選び方】中学生にとって、成績をあげるまず最初のステップは授業に集中することです。そのために、ノートは1科目につき3冊用意しましょう。平常点をあげる提出用ノート、テスト前にひたすら書くノート、授業の内容を書く用のノートです。うまく使って成績を上げましょう。
効率の良い勉強法
【効率の良い勉強法とは?】中学生は部活に遊びに学校生活に、本当に忙しい毎日を過ごしています。忙しい生活の中で、短時間でこうりつよく 学力を上げることが出来れば嬉しいですよね。ここでは効率の良い勉強方法をお伝えします。
計画の立て方
【スケジュール管理が大事!】中学生が学力を上げる秘訣は、正しい勉強計画です。この計画の立て方が正しく、自分にあっていれば、テストで高得点が採れるのです。正しいスケジュールの立て方を学び、学力アップを狙いましょう
勉強時間のベストと平均値とは!?
【平均勉強時間は?】中学生にとって、周りの人がどれ位勉強しているのか、非常に気になる所でしょう。しかし、個人の学力や目標によって勉強時間は異なります。時間を増やすことが難しければ、日数を増やすようにして、心の負担にならないようにしましょう。
勉強の仕方がわからない時の解決策
【勉強がわからない】中学生になって、勉強についていくことができず戸惑いを感じる人も多いでしょう。そういう悩みを抱える中学生に、朗報です。成績は、やる気を出すことで上げることができるのです。
やる気が出ない悩みの解決策
【中学生のやる気アップ】勉強のやる気が出ない中学生は多くいます。その大半は、遊びの時間の方が大切であり、勉強はその時間を減らす要因と考えているのです。そんな子ども達のやる気を出させる方法は一つ、ご褒美を提示するのです。
自宅学習のやり方
【家庭学習でやるべきこととは?】中学生が自宅学習する場合、やるべきことは一つ。暗記です。よくやりがちな勉強は、ノートを取りあえずまとめる行為。これは時間の無駄です。正しい自宅学習方法を取り、成績をぐんぐん上げましょう。
成績が上がらない理由
【成績が上がらない!】中学生の多くの子が、勉強を頑張っているつもりなのに、成績が上がらない・・・と悩んでいます。この悩みに共通して言える3つの問題点とその解決策をご紹介します。
夏休みの勉強方法
【夏休みの勉強方法とは?】中学生にとって、夏休みは部活動に遊びに旅行に、とても忙しく充実した日々を送れることでしょう。しかし、楽しんでばかりいると、新学期に勉強の遅れをとります。夏休みは総復習の時間として活用し、新学期の勉強をスムーズにしましょう。
授業中眠くならない方法
【授業中眠くならない方法とは】授業中に眠気を感じたことのある中学生は、実は多いのです。勉強の基本は授業にあるため、寝てしまうわけにはいきません。睡眠時間の確保、睡眠の質を高める工夫をし、授業に集中できるようにしましょう。
授業中眠くなる理由
【やばい理由?】授業中に眠くなる理由の一つに、授業内容に理解ができていないことがあります。内容を理解出来ないことで退屈になり、眠たくなってしまうのです。このまま放置しては、テストも良い成績を取ることができません。負のスパイラルに突入です。早急に解決しましょう。
短時間睡眠法
【短時間睡眠法とは】中学生は部活に友人関係に遊びに、とても忙しい毎日を過ごしています。そのため、睡眠時間を確保できかった時はお助けアイテムを使って睡魔に襲われないようにしましょう。
実力テストの勉強法
【実力テストの勉強法とは?】中学生には定期テストの他に実力テストを受けることがあります。これは範囲が広いため、勉強法に戸惑う子も多いでしょう。しかし、ポイントを知れば高得点も狙えるのです。
習熟度テストの勉強法
【習熟度テストとは?】中学生には、定期テスト以外に習熟度テストを受けることがあります。このテストには4つの種類があり、それぞれ対策方法も異なります。習熟度テストをうまく利用して、定期テストや高校受験に活用しましょう。
予習・復習のやり方
【予習復習のやり方とは?】テスト前に試験範囲を一からやり直すのは、とても大変ですよね。しかし、毎日コツコツと予習復習をしていれば、テスト前の苦労を圧倒的に少なくすることができるのです。効率的な予習復習のやり方をここでご紹介します。
計算ミスをなくす方法
【計算ミスをなくすには?】ある3つの方法で、計算ミスを激減させることができることをご存じでしょうか。その方法は決して難しいものではありません。「勉強量を増やす」「途中式を書く」「見直しをする」この3つのステップで計算ミスをなくし、確実に得点を伸ばしましょう。
読書感想文の書き方例
【書き方例付き】多くの子どもを悩ませる読書感想文。夏休みの宿題として課せられる定番の宿題ですが、その書き方を学校で習いましたか?恐らく習っていない子がほとんどでしょう。ここでは、読書感想文の正しい書き方をお伝えします。
英単語を覚えるコツ
【覚え方のコツ】英単語を中々覚えることができないと悩んでいる人は実に多くいます。そんな方におすすめの覚え方、それは単語カードです。単語カードをうまく使って、英語を得意科目としましょう。